低金利キャッシング・カードローン特集

やっぱり借りるなら低金利

今では多くの金融会社がありますが、消費者金融などは大体が同じ金利となっています。
詳しくは後々で記載していますが、大手の消費者金融などはほとんどの借入が17.8%〜18.0%あたりの実質年率ということになります。

借入金額などが大きくなれば金利(実質年率)も下がりますが、そこまで大きな金額を希望しないフリーキャッシングなどの場合であればほとんどが上の金利というわけです。

「グレーゾーン金利」などが騒がれた29.2%の金利を取られていた昔に比べればそれでも低くなりましたが、やっぱり借りるなら1%でも低い金利で、利息負担を抑えたいと思うものです。
そこで、当サイトでは低金利でのキャッシングやカードローン情報を中心に、利息負担を抑えるような借入をするためのポイント、返済のコツなどをまとめてみました。

借りるなら低金利

低金利なら銀行のカードローン

消費者金融が大体が同じ金利とは上にかきましたが、それであれば銀行のカードローンなどはどうなのでしょうか。
特に難しいことはなく、消費者金融と同じようにインターネットから来店不要で申し込むことの出来る銀行のカードローンもありますので、低金利での借入を考えるなら検討してみてはいかがでしょうか。

いくつかあげておきますと、年利3.0%〜17.8%という低い金利が魅力的なオリックス銀行では、来店も口座開設も不要で申込から契約まで進めることができます。
審査は最短即日となっており、残念ながら即日キャッシングには対応していないものの、それなりにスピーディな手続きも人気の理由の一つとなっています。

借入残高30万円以内なら月々の返済は7,000円からというゆとりの返済も可能なオリックス銀行カードローンは、限度額最高800万円という非常に高いスペックで、他社からの借り換えや複数借入の一本化「おまとめ」にも対応していることで、使途の広い借入をすることが出来るようになっています。

無利息期間などを生かす

無利息期間 借入の金利は変わらなくても、無利息の期間などがあれば実質的に利息負担を減らす事ができます。
いくつかの業者で無利息のキャッシングを行っていますが、中でも無利息日数が長いのがプロミスの「30日間無利息」で、初回の借入に限りプロミスポイントサービスに加入する事でなんと30日間も無利息にしてしまうことができます。

これがどれだけの利息負担を軽減できるのか、低金利で人気のモビットでの借入をイメージして比較してみたのが以下になります。
借入イメージとしては50万円を30日間、最大金利で借りた場合との比較です。

・モビット(実質年率4.80%〜18.00%)
50万円×18.0%÷365日×30日 = 7,397円

プロミス(実質年率6.30%〜17.80%)
50万円×17.8%÷365日×(30日-30日) = 0円

モビットの金利が高いわけではありませんが、やはり無利息というのは非常に大きなアドバンテージがあります。
7,000円以上の利息負担を軽減するお得な借入が出来るのはプロミスの大きな魅力のうちの一つです。